DWG互換CADを使おう


図面に関わる仕事をする際に、どうしても必要になるのがCADです。建築物の図面から、製造業で使う部品の設計図まで、CADで作られていない図面はほぼないのが現状だからです。しかしCADは高価であるため、導入にはかなりのコストが必要になります。規模の小さい事業所やフリーランスの人にとっては、痛い出費かもしれません。

DWG互換CADこうした中で、CADと互換性のあるDWG互換CADに人気が集まっています。DWG互換CADとは、オートCADで作ったファイルを開いたり、編集したりすることのできるソフトです。最近では、パソコンに入っている表計算などのソフトにも、互換性のあるものが出てきていますが、それのCAD版だと考えれば理解は早いのではないでしょうか。

DWG互換CADにはいろいろな種類のものがありますが、そのどれもがDWGファイルを開くことができるものです。また、DWG互換CADで作ったファイルを、オートCADで開くことももちろん可能です。

最近では中小企業だけではなく、大手ゼネコンでもこのDWG互換CADを使う会社が増えてきました。安全性はもちろんのこと、利便性においてもメリットが大きいと考えられているからです。もちろんコスト面での利点は大きく、導入の際の費用はオートCADの場合とは比べ物になりません。今後もDWG互換CADの活用は増えていくことでしょう。

 

進化するDWG互換CAD

DWG互換CADの中には、正規品のCADに比べてその値段が半分以下というものもあります。複数導入する場合には、その金額の差は大いに魅力的にうつるでしょう。しかし問題なのは、その安定性です。どんなに安くても、正しく動かなくては意味が無いからです。

タブレット大手ゼネコンの中には、DWG互換CADを導入する際に、事前にテスト導入を行うことが多いようです。試験的に使ってみて、問題がなければ本格的な導入に至るということでしょう。そうした状況の中で、DWG互換CADを使う会社が増えているということは、DWG互換CADが実務に耐えうるものであることの証明でもあります。

実際に、DWG互換CADの中には正規品のCADよりも軽快に動くものがあります。その点は、コストの面だけではなく、仕事の進捗という面においても大きなメリットとなるのではないでしょうか。また、かつては英語表記が大半だったソフトにも、日本語表示がつくようになりました。DWG互換CADは、いまや誰でも気軽に導入、使用ができるものとなっています。

かつてCADは、オフィスの中にあるデスクトップパソコンで使うのが普通でした。しかし最近のDWG互換CADの中には、タブレットで使えるものも出ています。タブレットであれば、出先でもDWGファイルを開くことができるので、プレゼン等の役にも立つでしょう。以前より気軽に、CADを扱う時代がきています。

≪推奨リンク≫https://www.graebert.jp/
DWG互換CAD「ARES」の利用ができるサイトです。